投資の怖さ

積み重ねたコイン

中古ワンルームマンションや1棟アパートで不動産投資をしたいと考えていても、失敗を恐れてなかなか手を出すことができない人も少なからずいます。不動産投資において失敗と言える状況は空室の長期化です。つまり、中古ワンルームマンション等の収益物件を購入したものの、入居者が退去した後、次の入居者が決まらず、管理費や主膳積立金、ローン返済額を毎月支払い続けているという状況をいいます。もしも、失敗を恐れて、なかなか収益物件の購入に踏み切れていないのであれば、中古ワンルームマンション等を購入するのではなく、上場不動産投資信託を保有してみることをお勧めします。上場不動産投資信託は株式市場で購入することができ、しかも少額で投資できます。

上場不動産投資信託には失敗を回避する仕組みがいろいろとあります。その1つが資産規模です。上場不動産投資信託は銘柄によって、ファミリータイプマンションやワンルームマンション、オフィスビル、スパーマーケット等の商業施設、物流施設、ホテル、等で運用されています。どの銘柄もこれらのうち1物件だけを持っているわけではありません。複数物件を保有しており、仮にある物件の入居者が退去してしまったとしても、他の物件で費用をカバーできるようになっています。また、資産規模が大きいため、管理費や修繕費などのコストダウンの交渉もできます。家賃が減っても費用も減れば、利益には大きく影響しません。自ら行う不動産投資に自信がなければ、上場不動産投資信託を買ってプロに運用を任せてしまいましょう。